JAAジャパニーズアロマ講座

JAAジャパニーズアロマ検定講座

日本の香り、国産精油と言われる和精油だけを集めて

黒文字、山椒、においこぶし、ユズ…12種類の成分と

日本の文化に沿った使い方やクラフトを作ります。




1985年にイギリスのアロマセラピー研究家ロバート・ティスランド氏の
翻訳本が発行されたのが日本のアロマの幕開けでした。

それから、30年以上たち日本にもアロマが広がり

国産の材から精油を製造する生産者さん
和精油を販売するメーカーさんが
年々増えてきましたね。




私もそのうちの一人ですね。
 鎌倉の香油・森林(鎌倉杉・ヒノキ使用)


精油を用いてアロマセラピーを通して
特に高齢者さんと一緒にするアロマセラピーで
感じたことは、

「香りは記憶」

日々の暮らしのなかで薬に頼らず、
頼らないをお伝えしていると
精油の使い方がメディカル目的に
お伝えしがちになってしまいますが


認知症や不安が強い高齢者の皆さんが
香りを手にしたときの言葉が
「いい香りね~」と同時に「思い出…」なんですね
香りは遠い昔…大切な瞬間が生まれるのです



なので鎌倉の樹木で抽出したくなったのですね
誰もが慣れ親しんだ香り「杉、檜」で。


ジャパニーズアロマ講座は
日本独特の植物を用いた民間療法もお伝えしています。


まだまだ、扉を開いたばかりの国産精油に
興味がありましたら、JAAジャパニーズアロマで学べます



和精油12種類と直ぐに使えるレシピ8種類
JAAジャパニーズアロマは検定講座ですので
認定試験も受験できます。
あなたのペースで学べる
プライベートレッスンです

お気軽にお問合せフォームから
お尋ねください

2017年7月22日